神奈川県横浜市栄区犬山町40-6

電話:045-893-6480

横浜市栄区犬山町の歯科、保険診療・ホワイトニング・義歯(入れ歯)などの歯医者です。駐車場有。

歯周病

  • 港南台駅の朝廣歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
  • Doctor's File 朝廣 賢哲院長
  • 朝廣歯科 クリニック Blog

思い当たることはありませんか?

  • 歯を磨くときや、リンゴを噛むとき、歯ぐきから出血することがある。
  • 口臭があり、親しい人から「息が臭い」など言われた事がある。
  • 歯ぐきからウミが出ることがある。
  • 朝起きたとき、口が粘ついたり妙な味がする。
  • 歯ぐきが赤く腫れたり、痛む事がある。
  • 冷たい水を飲むと、虫歯でもないのに歯や歯ぐきがしみて痛い。
  • 歯がグラグラと動く感じがする。
  • 歯ぐきがむずがゆい感じがする。
  • 歯と歯の間に、良く食べ物が挟まる。
  • 鏡で見ると、以前よりも歯が長くなったように感じる。

歯周病とはどんな病気?

ほとんどの大人がかかっている歯周病

35~44歳の人ではおよそ85%、45~54歳では90%の人が歯周病にかかっています。
つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
(厚生労働省歯科疾患実態調査1999年 より)

歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつ

歯を失う原因の1位は虫歯ですが、歯周病は虫歯の次に歯を失う原因となっています。
特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっているのが現状です。

歯周病は、歯を支える周りの組織に起こる病気

歯の周りには、歯を支えるのに必要な色々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。
歯周病はこれらの組織が細菌に感染しておこります。
また、歯の周りだけでなく全身的な要因・病気も原因となります。
例えば糖尿病の患者さんにはかなり重度の歯周病患者が多いのですが、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化するという関係がみられます。

歯周病の進行状態

進行状態0
健康な歯肉には、ステップリング(みかんの皮のような状態)がみられます。次へ
進行状態1
歯の付け根の表面に、プラークがたまり歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシングした時や固いものを食べた時に出血することがあります。これくらいではまだ痛みはありません。次へ
進行状態2
プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって歯根膜が溶けて歯肉溝のなかにも広がっていきます。歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって歯周ポケットと呼ばれる空間ができてきます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。次へ
進行状態3
症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり、常時ウミが出てくるようになります。その状態を一般的に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。
~歯周病は生活習慣病~
歯周病は、今まで徐々に進行すると言われていました。
最近では急に悪くなる時期(勃発期)と静止期を繰り返しながら進行していく事がわかっています。そこで勃発期に感じる変化に十分注意をして、治療を受ける事が大切です。
歯周病の直接の原因は、プラークが溜まる事から始まります。
プラークは食べ物のなかの糖分と、誰の口の中にもある細菌によってでき、プラークの90%はその細菌でできています。
また歯周病が進行してできる歯周病ポケットの内側には、1mg(湿重量)あたり400種・1億個以上の細菌がいて、体との免疫応答と言われる戦いが繰り広げられています。
抵抗力が弱まれば全身にいろいろな症状が表れてきます。
ですから、歯周病を予防して進行を防ぐには、プラークを溜め無い事が大切です。
また、生活習慣病を改める事も大きなポイントです。

朝廣歯科クリニックの歯周病治療

朝廣歯科クリニックでの歯周病治療では
患者さんの気持ちを優先して治療を行っていきます。

歯がぐらぐらして明らかに抜かなければいけないのは患者さん本人が一番よく知ってると思います。
でも抜きたくないし抜かれるかもしれないから怖くて通えない・・・朝廣歯科クリニックではそういう歯を抜いたりはいたしません。一日でも長く抜けないようにお手伝いをいたします。そういう歯を治せるといっているわけではありません。問題は治療をせずに時間が過ぎていくことによってせっかく残るはずだった他の歯の治療をする機会を失ってしまうことが怖いのです。
まずはご相談下さい。

歯周病と口臭の関係

口臭について

さわやかな息していますか?
口臭の大部分は口のなかが原因であることがわかっています。
その原因物質は揮発性の硫黄化合物(VSC)、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの3種類が多く認められています。
その量と口臭の強さとは関係しています。

どうして揮発性硫黄化合物が発生するのでしょう?

口の中の脱落細胞、歯茎からの出血した血液、食物中の含硫アミノ酸などを口の中の嫌気性菌が分解することによって生じます。
特に歯周病に関係する菌は非常に揮発性硫黄化合物を発生します。

どこから匂いが出ているのでしょう?

口の中でもっとも揮発性硫黄化合物が発生するところは舌背後方のところに堆積した舌垢です。

口臭を止めるには

口臭の除去には原因である舌垢を舌清掃によって除去するのが最も効果的です。

舌のケアについて

舌のケア用品
まず気をつけなければいけないのは清掃によって舌を傷つけないことです。
舌清掃用具には、舌ブラシ、舌ベラのものがあります。
さまざまなブラシがあるが非常に硬いものが多く、舌を傷つける可能性が高いので気をつけましょう。
舌の清掃方法
嘔吐反射を起こしやすいので。大きく開口させ、舌をできる限り突出させ舌で山をつくります。
この山の頂上の部分に舌ブラシをあて、前方にブラッシングをかける。
必ず後方から前方方向の一方向のみで歯磨きのように前後に動かしてはいけません。

歯周病との関係

健康な人の場合でも起床直後などは必ずといっていいほど口臭を認めます。
その原因はほとんどが硫黄水素です。
歯周病の人の場合は、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが多検出され、これは硫黄水素に比べ悪臭が強いため口臭を強く感じます。

詳しくは、ご相談下さい。

PAGE TOPへ戻る